看護師

高齢の不妊でも改善できる|諦めるにはまだ早い

妊娠中の食事

乳児と婦人

妊娠中は貧血になりやすい

妊娠したら、赤ちゃんはお母さんから栄養をもらいます。では、赤ちゃんの成長の為に、妊婦はどのような栄養素を摂取すれば良いのでしょうか。妊娠中に積極的に摂取しておきたいのは、鉄分です。妊婦は、胎盤から赤ちゃんに血液を送ります。ですから、貧血にならないように、鉄分が多く含まれたものを食べるように心掛けることが必要です。鉄分は、肉類に多く含まれますが、体重の増加が気になる場合は、ほうれん草や切り干し大根、大豆などを積極的に摂りましょう。また、鉄分はビタミンCと摂取することで、吸収率が良くなります。また、葉酸は妊娠初期に妊婦が積極的に摂取するように厚生労働省が推奨しています。葉酸は、流産や胎児が神経障害になるリスクを減らしてくれます。

カルシウムとタンパク質

カルシウムは、胎児の骨に欠かせない栄養素です。胎児に必要なカルシウムが不足してしまうと、お母さんの骨からカルシウムを補う場合もあります。妊婦は1日に普段の約1.5倍の900mgのカルシウムが必要であると言われています。タンパク質は、胎児の脳や皮膚を形成するのに必要な栄養素です。タンパク質は、卵や鶏肉などの他にも、チーズや牛乳、牛肉などに多く含まれています。タンパク質は、鉄分やカルシウムの吸収を促してくれる働きをするので、鉄分やカルシウムを含んでいる食品と一緒に摂取すると良いでしょう。妊娠中は、お母さんが食べたものが赤ちゃんの栄養になります。赤ちゃんに必要な栄養素の摂取を日頃から心掛けることが大切です。